ヘルペス薬バルトレックス

ヘルペス薬バルトレックス/治療や再発防止に

ヘルペス薬バルトレックス治療

ヘルペスの薬バルトレックスは、性感染症(STD)の一つの種類である単純ヘルペスに特に効果のある薬です。

 

STDとは、(Sexually Transmitted Diseases)の略で、主に性行為を介して男女性器にウイルス感染する病気のことを言います。

 

日本国内で感染者が多いSTDには、クラミジア、淋病、性器ヘルペス、尖圭(センケイ)コンジローマ、トリコモナス症、カンジダ症などがあります。

 

 

最も感染者数が多い性感染症のクラミジアだけをとっても、日本国内で100万人以上の感染者がいると言われ、特に若い世代の性交渉で蔓延しているとも言われています。

 

ヘルペスに関しては、口のまわりに水泡を発症する「口唇ヘルペス」と性器のまわりに発症する「性器ヘルペス」のいわゆる単純ヘルペスと帯状ヘルペス(帯状疱疹 )の3種類があります。

 

特に性器ヘルペスは、20代から30代の女性に多く、男性よりも女性がかかりやすい病気で、日本人の5〜10%は性器ヘルペスウィルスを持っているキャリアだと言われているんです。

 

セックスだけでなくオーラルセックスでも感染し、キスからも感染する可能性もあります。

 

性器ヘルペスを放置すると、女性は子宮頸管にまで感染が広がり不妊症になる危険性があると言われています。

 

また、ヘルペスは再発率の高い病気でもあります。

 

なぜかと言いますと、ヘルペスウイルスは治療しても完全には死滅せず、何十年も体の中に潜伏しており、免疫力が落ちたりすると活動を始めます。

 

ヘルペスの薬バルトレックスは、ヘルペスウィルスの増殖をおさえて症状を軽くし、再発のリスクを小さくします。

 

治療によって家族やパートナーへの感染リスクも小さくなります。

 

とくに口唇ヘルペスや性器ヘルペスの単純ヘルペスウィルスによく効きます。

 

再発をくり返す人の維持治療にも使われるお薬です。

 

ヘルペスの薬バルトレックスをさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ヘルペス感染

ヘルペスの感染は、人との接触によって起こります。

 

ヘルペスウイルスは感染力が強く、感染経路としては、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。

 

なので、身近で生活している家族や、夫婦、恋人などから感染する事が多く「愛のウイルス」などと呼ばれています。

 

発症する時間は、人によっては毎週のように症状が出る人もいますが、数年もたってから初めて症状の出る人もいます。

 

なかには、自分の患部から発生したウイルスに感染する人もいると言いますから怖いですよね。

 

 

たいていウイルスは神経細胞に潜んでいるので、症状が出ていないように思われますが、唾液などにウイルスが潜んでいる可能性ももあるんです。
この場合、自分の体液にウイルスが出ていることに気がつかず、キスやセックスでパートナーに口唇ヘルペス、GH(性器ヘルペス)を発症させることがあります。

 

特に、パートナーがヘルペスウイルスに対する免疫を持っていない場合には重症化することがあります。

 

症状が出ている時期は患者からヘルペスウイルスが大量に排出されています。

 

以前にヘルペスにかかったことがなくヘルペスウイルスに免疫がない人や、免疫があっても抵抗力が落ちている人は、この時期の患者に接触すると、ヘルペスに感染する可能性が高くなります。

 

 

感染した場合、接触した日から3〜7日目に発症することが多く、ヘルペス性歯口内炎や口唇ヘルペスはヘルペスの男性が恋人にキスすることによって発症する病気です。

 

これは自分自身の患部に触れて他の部位に感染する場合にも当てはまり、患部に指で触れた場合、きちんと手洗いをしなければ、数時間は感染する可能性があります。

 

特に、アトピー性皮膚炎の人では皮膚のバリア機能が低下しているので、皮膚から感染して皮膚の広範囲にひどい症状が出ることがあるので、注意が必要です。

 

ヘルペス感染に効果があるバルトレックスを詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ヘルペス再発

ヘルペスの中でも、特に単純ヘルペスである口唇ヘルペスや性器ヘルペスは再発を繰り返す傾向があります。

 

ヘルペスウイルスは、初感染のあとも、終生神経の中で人間と共生するウイルスらしいんですね。

 

どうも神経を好むウイルスらしく、普段は細胞の中にDNAの状態で潜んでいるといわれており、発症するときは、皮膚まで神経細胞の内部をレールに乗ったように容易に移動すすると言いますから、とてもすばしっこくて頭の良いウイルスのようです。

 

再発時には細胞を伝ってウイルスが皮膚に到達して水疱などを作り、この時ウイルスが暴れて神経にダメージを与えるので、痛みが発生するらしいと言われています。

 

また、細胞の内部に潜んでいるため移動速度が速く、免疫細胞の攻撃を簡単に逃れて、再発を繰り返してしまいます。

 

なので、今の所再発を防止する方法は残念ながら存在しないんです。

 

一度ヘルペスに感染したら、ウイルスが「悪さ」を始めないように、体力をつけて免疫力を高めておくことが非常に大事になってきます。

 

最悪再発してしまった時には、バルトレックスなどの塩酸バラシクロビルを成分にする抗ウィルス薬を使用する事で、ヘルペスウィルスの増殖をおさえて症状を軽くし、再発のリスクを小さくしましょう。

 

バルトレックスは世界約70ヶ国からヘルペスウィルスの治療薬として承認されている、副作用のすくない安全なお薬なんです。<

 

一度感染してしまうと、一生お付き合いしなければならない病気ですが、命にかかわるような病気ではないので、それほど深刻に考えずに、適切な対処をしましょう。

 

それと同時に、他人への感染を防止する努力もしなければなりません。

 

特に性器ヘルペスの場合は、パートナーとのコミュニケーションをしっかり行い、お互いに感染、再発しないよう心掛けることが大切です。

 

ヘルペスの再発を防ぐ効果のある薬を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ヘルペス脳炎

ヘルペス脳炎とは、ヘルペスウイルスが脳に侵入し、記憶や言語を司る神経細胞を壊死させ、最悪の場合、死に至ることもある恐ろしい病気のことなんです。

 

主として単純ヘルペスウイルス1型(口唇ヘルペス)により発症します。

 

2型(性器ヘルペス)では脊髄炎(せきずいえん)、髄膜炎(ずいまくえん)が一般的です。

 

ヘルペスウイルスが三叉(さんさ)神経節などで潜伏しているという報告も多くされており、成人・高齢者の単純ヘルペス脳炎の発症については、中枢神経系での潜伏・再燃という仕組みも有力だと考えられているんです。

 

ヘルペスウイルスは成人の日本人の90%が持っているといわれているポピュラーなウイルスなんです。

 

そのウイルスが、疲労やストレスなどによって免疫力が低下すると突然目覚め、発病すると言われています。

 

通常発病するのは、口唇ヘルペスや帯状疱疹(たいじょうほうしん)など皮膚や粘膜の炎症だけで、命に関わるような重大な病気になることは事はないんですが、ヘルペスウィルスが脳に侵入し、炎症を起こすという最悪のケースがあるんです。

 

人間にはあまり害を及ぼさないはずのヘルペスウイルスが、どうして重いヘルペス脳炎を起こすのか、原因はよくわかっていないんです。

 

抗ウイルス剤が開発されるまでは、小児のヘルペス脳炎の致命率は70〜80%、成人のヘルペス脳炎においても30%という高い致命率でした。

 

抗ウイルス剤が開発されてからは致命率は10%程度に低下したんですが、現在も3分の1の症例においては重度な後遺症を残す重い病気で あることに変わりはないんです。

 

初期症状は軽い頭痛などですが、言葉を間違えたり、知人の顔が思い出せなくなるなど症状は一気に進むので、早めに病院で診察を受ける事が大切です。

 

ヘルペス脳炎に効果的な薬をもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ヘルペス薬バルトレックス・通販

性器ヘルペスなどは、最初は病院で診察を受けて、医師から処方箋をもらい、薬局から購入するケースが多いと思います。

 

場所が場所だけに、できれば何回も病院には行きたくないですよね。

 

原因がわかって薬が「バルトレックス」などに決まれば、2回目以降はインターネット通販を利用して自分で購入する方法も考えられます。

 

このサイト上からも「個人輸入代行業者」を通して、お薬を購入する事は出来ます。

 

インターネット通販で最も気を付けなくてはいけない事は、偽造品(ニセモノ)を扱っている業者を見分けることに尽きます。

 

 

実際インターネット上に流通している、バイアグラなどのed治療薬のうち55.4%は偽造品(ニセモノ)だったという調査結果も出ています。

 

そして、「ネット上には偽造品が出回っていると」と思っている人は97.5%いるものの、「自分では偽造品と本物を区別できないと思う」と答えた人の割合は75.4%に達し、さらに「自分がネットで購入した物は本物だと思う」と答えた人の割合は、なんと87.7%にも達しています。

 

この結果からも、インターネットで買い物をする事のリスクが良くわかります。

 

それでは、どのようにして偽造品(ニセモノ)を見分けたらよいのでしょうか。

 

まずは、極端に安い価格を提示しているサイトは、怪しいと思って間違いありません。

 

インターネット通販=安いと勘違いしている人も沢山見受けます。

 

特に医薬品については、ある程度の製造コストが当然掛かっており、常識はずれの低価格で販売する事は出来ません。

 

それに、医薬品は身体の中に入るものなので、不衛生な環境で作られた偽造品(ニセモノ)の中には、予想できない副作用を引き起こす成分が混入しているかもしれません。

 

インターネットのサイトから購入する場合は、特に慎重に、いくつかのサイトを比較しながら「正規品」を購入して下さい。

 

通販で購入できるヘルペスの薬バルトレックスをに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください


ホーム RSS購読 サイトマップ